Menu

アルバイトでも借りれる「収入証明書不要」のカードローン 2016年9月23日

お金を借りたいと思ったら、銀行や消費者金融でカードローンを申し込む人は多いでしょう。
銀行と消費者金融の大きな違いは、総量規制の対象か否かです。銀行は総量規制の対象外になり収入に関係なく融資をすることができ、融資総額も消費者金額より高額で金利も低く設定されています。
一方の消費者金融は、総量規制によって収入の3分の1までしか融資ができないことになっていますので、収入のない専業主婦などには貸すことができませんん。安定した収入があれば、アルバイトやパートでも審査に通れば融資を受けることができます。一般的に借入最高額は500万円となっており、審査も最短30分という早いところもありますので、即日融資を希望する人は消費者金融でローンを申し込むのがいいでしょう。
消費者金融でローンを申し込む方法は、店頭窓口の他に自動契約機、電話、郵送、パソコンやスマフォでWEB利用がありますが、最も時間短縮なのはWEBです。WEBなら、誰にも知られることなくいつでも・どこからでも申し込め、契約完了後に自動契約機からカード発行し、その場でキャッシングするのが便利で早い方法です。
収入の少ないアルバイトの場合は、借入できる金額も10万円以内が相場となっていますが、収入証明書不要で借入れができますので手軽に利用できます。
消費者金融は、借入金額が50万円以内または他社との借入金額を合わせて100万円を越していなければ、収入証明書不要で融資を受けることができます。

アルバイトでも借りれる「収入証明書不要」のカードローン へのコメントはまだありません